“南帆のつぶやき”だけを集めました!

リーグ戦を終えて

 

慶應義塾大学、男女ともに2位通過で王座決定致しました。

 

女子は、1戦目の筑波に敗退してから負けられない戦いが続きましたが、チーム全体が挑戦し続け、負けを恐れない気持ちで戦ったからこそ王座への切符を手にできたのだと思います。4年生は、王座に行けなかったらもう引退なので、とても苦しい時期だったと思いますが、その中で主将のあやさんが踏ん張って勝ってきて下さったので、チーム一丸となって頑張ることができました。本当にかっこよかったです。私も、将来あやさんのような結果でも人柄でもみんなを引っ張っていけるような主将になりたいな〜と思いました。(もちろん今のままではなれませんが、、、笑)

 

私は今回改めて、チームで戦う素晴らしさを学びました。一言では言えませんが、とにかく日頃からサポートして下さっている皆様に心から感謝したいと思います。

 

私は、慶應の先輩、同期が大好きです。たくさんの方に出会うことができて、やっぱり大学に進学して良かったなと思います。 

 

素晴らしい環境の中で、もっと強くなっていけるように、努力を惜しまず、これからも精進していきたいです。

 

応援、宜しくお願い致します。

(令和元年9月21日)

 

インカレを終えて

 

今年1年の目標でもあった、単複優勝が達成できて純粋に嬉しく思います。

 

猛暑の中、監督・コーチを始め先輩方が応援してくださったお陰で最後まで元気よく戦い抜く事ができました。毎試合、とても内容が濃く苦しい展開もありましたが、そこで踏ん張る事ができたので勝てたのだと思います。課題はまだまだ山積みなので、嬉しさに浸ってはいられませんが、しばらく喜んでおきます。笑

 

インカレは、個人戦なのに関わらず毎試合、先輩が応援してくださり、改めて慶應に入って良かったなと感じました。次は、リーグ戦があり、自分の中で一番勝ちたい大会なので、心技体共に整えて最高のパフォーマンスを発揮できるように準備したいと思います。

 

皆さん、本当にサポートありがとうございました。

(令和元年8月24日)

 

ユニバーシアードを終えて

 

イタリアのナポリで行われた、ユニバーシアードという大会で金メダルを獲得する事ができました。しかもシングルスで!優勝した瞬間は、最高に嬉しかったです。

 

正直、行く前は優勝なんてできないと思っていましたし、あまり調子も良くなかったので、一戦一戦全力で頑張ろうと思っていました。それが功を奏したのか、思いっきりプレーする事ができ、最高の結果を残す事ができました。

 

一緒に行った、かなこちゃん・ゆうやくん・島袋くんは大先輩なのに、とても優しく接してくださって本当に楽しい遠征となりました。

 

最終日には、ナポリの街を4人で歩き回り買い物もできました。4人ともサングラスをかけて街を歩いたのは良い思い出です。私の大好きなカペレーゼも食べる事ができ、イタリアを十分満喫できました。いつも、遠征中は観光などができずホテルとテニスコートの往復で終わってしまうので、半日でも街をぶらぶら歩けたのは良かったです。

 

大学の世界大会で優勝できたのは自信になりますが、女子ダブルスでは3位・ミックスダブルス(ペア島袋くん)では2回戦負けという悔しい結果で終わってしまった種目もあるので、そこで出た課題を克服して、また次に向かって頑張っていきたいです。

(令和元年7月21日)

 

春学期を終えて

 

4月から、大学生活がスタートして正直とても大変なことばかりです。やらなくてはいけないことが沢山あるので、自己管理がとても大切になってきます。今までは、実家暮らしだったので、お金の管理や家事は全て両親がやってくれていました。ですが、今は寮で一人暮らしをしている為、全て自分の事は自分で管理していかないといけません。部活では、練習とトレーニングをしっかり行い、疲れ切っているのに、学校に行って勉強し、かつ課題などにも取り組んでいかないといけないので、スケジュール管理もとても大切です。口では、「文武両道します」と言っていても、実際に行うのはとても大変なことだと改めて痛感しました。ですが、これを乗り越えることが出来たら、絶対に人として成長出来ると思うので、1日1日頑張って行こうと思います。

(令和元年7月7日)

 

初めての慶早戦を終えて

 

まず、慶應の勝利は本当に嬉しかったです。正直、春関よりも勝ちたいと思っていたので、、、笑

 

私は、D1(ダブルス1)S1(シングルス1)に出場させて頂いて、単複共に勝つ事ができました。慶應の勝利に貢献する事ができて、安心しました。団体戦は、ダブルスから始まり次の日に行なわれるシングルスにどれだけいい流れで繋げられるかがポイントになってきます。ですので、緊張はしましたが、ペアの杏里といつも通り楽しくプレーする事ができたので良かったです。シングルスは、チーム全体として一番最後に入るので、場合によってはチーム全体の勝ち負けが自分の試合で決まる可能性があります。ですが、今回の慶早戦はS2の歩さんが勝ってくださり、そこで勝利が決定しました。その時はまだ私は試合をしていて、打ち切りがないので、自分が負けてしまったらチームの雰囲気が台無しになってしまうと思い、少し緊張しました。自分の試合については監督やコーチ、OBOGの方を初め、先輩方や同期、家族友達、ファンの皆様がサポートして下さったお陰で勝利を掴む事ができたのだと思います。本当にありがとうございました。

 

私はとても団体戦が好きです。なぜなら、勝った時の嬉しさ、負けた時の悔しさをチームの皆と共有する事ができるからです。テニスは個人スポーツなので、コートの中ではもちろん一人ですし、勝っても負けてもその気持ちを共有できる人が身内しかいません。チームで勝ちをもぎ取るというのはすごく素敵な事だと思いました。私は将来テニスを通じて沢山の人に勇気や希望を与えることのできる人になりたいので、こういった団体戦は少し近いものがあるのではないかと思いました。リーグ戦でも、頑張りたいです。

(令和元年5月26日)

 

春の関東学生(春関)を終えて

私にとって、初めての学生大会で単複優勝という結果を残すことができ、本当に嬉しく思います。シングルスでは計6試合戦って自分の課題もさらに明確になり、とても良い経験をする事が出来ました。今大会では、先輩や同期が毎ポイント応援してくれ、個人戦なのにチームで戦っている感じがしました。久しぶりにシングルスのタイトルを取ることができ、心の底から嬉しかったです。

ダブルスは1次予選からだったので、計10試合しましたが、ラウンドが進んでいくにつれ、どんどんプレーが良くなって決勝では強敵を相手にしっかり勝ち切ることが出来ました。ペアの杏里とはジュニア時代から良く組んでいましたが、前は互いに違う場所で練習していたのでぶっつけ本番が当たり前でしたが、今は同じ大学で一緒に練習しているので今まで以上に良い雰囲気でダブルスが出来ていると思います。この結果に満足せず、次はインカレなので気持ちを入れ替えてまた頑張りたいと思います。引き続き応援して下さい。(令和元年5月19日)

 

2018年を振り返って

 

Bye bye season 2018👋🏻❤️✅                                                                              2018.12.22

 

It was full of emotions, good ones like playing Junior Grand Slam,Youth Olympic Games and having titles. Also I got first title of pro tournament😊

 

Not good ones like having to give up the Japan National tournament U18.... I was so sad 😭

 

But it’s wouldn’t be possible without best people behind my back #TeamNaho (all of you)

 

Thank you so much who supported me 🥰

 

And I’d like to say thank you to my friends 😋 Travel with tennis is very tough sometimes,but I was overcome because I have friends ❤️ love you guys(you know who you are)

 

Now I’m very looking forward to new challenges 💪

 

Ready for 2019🤘🏽

 

英語も少しは上達しました。文法は間違っているとは思いますがお許しください(笑)

来年は慶應義塾大学を拠点に世界を目指します。勿論、勉強も頑張ります。

引き続き応援宜しくお願い致します。

 

お世話になった皆様へ

今年も沢山の方にお世話になりました。AJTAの栗山校長、佐藤史高コーチ、梶川コーチ、本城トレーナーにフロントの馬場さん、Sチームの八木コーチ、JTAの中山監督、GSDF/ITFチームのRobertaコーチ、MaSeaの沢田コーチ、TeamNahoをご支援頂いているPCIホールディングス様、Babolatの大塚さん、臼井さん、勿論両親にも。本当に沢山の方に支えられ2017年度も無事に終わろうとしています。おかげで、目標としていたグランドスラムジュニアでの全大会本戦出場、ジュニアフェド杯での表彰台、世界ジュニアランキング20位等を果たすことが出来ました。私をサポートしてくれた全ての方々にこの場を借りて感謝したいと思います。有難うございました。

来年は17歳、ジュニアの集大成のつもりで更にレベルアップを図っていきたいと考えています。引き続きご支援宜しくお願い致します。頑張ります。

南帆のつぶやき

8/7全日本ジュニア出場のため大阪に出発しました。8/17の決勝後、一旦東京に帰りますが、徹夜で荷造りをして、翌日8/18から北米遠征に出発。ワシントン、モントリオールの前哨戦で調整後、今年最後のグランドスラム、全米ジュニアに初めて出場!シングルスで2勝してGS初の3回戦進出!沢山の方が応援してくれて嬉しかったです。9/11ジュニアフェド杯出場のためにブタペストへ!昨年4位で終わり悔しい思いをしたので、今年こそ中山監督を表彰台に連れて行きたかった。準決勝で世界3位のMartaに勝った時は本当に嬉しかった。決勝進出、つまり表彰台が決まった瞬間だったので、皆で喜びを分かち合いました。決勝はアメリカに完敗!でも中山監督が「有り難う」と泣いているのを見て、私も泣いてしまいました。

約50日間、まさに世界一周の遠征でしたが、とても充実した毎日でした。

南帆のつぶやき

グランドスラムを終えて

Roland GarrosもWimbledonも私にとっては最高の舞台でした。そこの本戦で戦えたことは大きな刺激となりました。ただ、私の実力はまだまだ!もっと努力しないと世界では通用しないということも分かりました。頑張ります。

全仏でオスタペンコ、全英でフェデラーと写真を撮って頂きましたが、何と二人とも優勝しました。私と写真を撮るとグランスラムで優勝出来るかもです。笑

続きを読む

南帆のつぶやき

本日は昼間の練習をオフにして先輩と同期と3人で原宿に遊びに行きました。雑貨を見たり、美味しいものを食べたり、カラオケで盛り上がりました。テニス漬けの毎日なので、良い気分転換となりました。

南帆のつぶやき

フランスより帰国しました。久しぶりの日本食、天ぷらと釜飯を食べさせて貰いました。明日から、甲府の$25K大会(プロサーキット)に出場します。今日は温泉に入ってゆっくり体を休めます。

南帆のつぶやき(ヨーロッパ遠征から)

昨年のヨーロッパ遠征はドイツ、オランダ、チェコで4大会出ましたが、5勝8敗、確かシングルスは2勝に止まりました。今回は既に12勝しているし、ダブルスながら準優勝1回、優勝1回と成果も上がっています。ただ、強い選手と私の一番の違い、「失敗を恐れず先に攻める」メンタルはまだ自分のものに出来ていないので、残り2大会はもっと攻めようと思っています。

南帆のつぶやき(ヨーロッパ遠征から)

イタリア3戦目のダブルスで優勝しました。ファーストセット0-2からのスタートでしたが、ペアのPeiと最後まで諦めず頑張りました。先週は決勝で悔しい想いをしましたので良かったです。皆さんの応援パワーを感じました。有り難うございます。

南帆のつぶやき(ヨーロッパ遠征から)

準決勝(4回戦)は、6-3、6-7(4)、2-6で逆転負け、ベスト4で終わってしまいました。でも最後まで諦めずに頑張れたし、私なりには収穫も多かったと思っています。それからもう一つ、イタリアはカプチーノが美味しいんです。昨日、帯同コーチから試合に頑張ったのでご馳走になりました。大きな収穫でしょ!? 笑笑

南帆のつぶやき(ヨーロッパ遠征から)

イタリアでの初戦が始まっています。初戦は苦労しましたが、何とか3回戦を突破しました。明日(今日?)は試合が無いのでしっかり調整します。赤土でのテニスにもなれて来ました。全仏ジュニアでの活躍を目指しあと1ヶ月頑張ります。

南帆のつぶやき(ヨーロッパ遠征から)

今日は一通りのショットをやった後にタイブレークを沢山やりました。クレーでの戦い方が前より分かってきたので楽しい。コーチのアドバイスが良く分からない時もあるけど、まーいいか。朝6時から練習、11時からトレーニング、16:30から練習!充実しています。

南帆のつぶやき(ヨーロッパ遠征から)

Team ITFの合宿に参加中です。コーチ4人に対し選手12人と恵まれた環境の中、色々な国から集まってきた精鋭達としのぎを削っています。5/1から始まるイタリアG2大会に向けしっかり調整します。

南帆のつぶやき(ヨーロッパ遠征から)

中国上海トランジットで無事イタリアミラノに到着!本場イタリアで大好きなカルボナーラを食べたけど、味が濃すぎて!?初日は雨が降っていて練習はお預け。